ショットブラスト(サビ取り)

金属製品などの表面に付着したサビや油汚れを削り落とすことにより、腐食の進行を抑え、見た目も綺麗な状態に戻します。鋼材のサイズは長さ1,500mm・幅1,500mm・高さ2,000mmまで加工可能な機械設備があります。
長物だけでなく小物も承ります。機械式ですので手打ちに比べて圧倒的に早く加工費も削減できます。

shot-1

ショットブラスト

用途
サビ落とし
塗装の下地処理

スペック
大きさ:1,500×1,500×2,000まで
重量:2.5tまで

エプロンショットブラスト

用途
小物のサビ落とし

スペック
大きさ:500×300×300まで
重量:90Kgまで

サビ落とし前

サビ落とし後

梨地処理

梨地処理とは、ショットブラスト、又はサンドブラストで製品の表面に無数の凹凸を作り、
文字通り梨の肌の様な表面にし、塗装・めっきの下地処理、面粗し、摩擦力調整、化粧仕上げなどを行なう表面処理方法です。

梨地処理前

梨地処理後

梨地処理前

梨地処理後

  • 製品の形状や仕上げ条件によって、 ブラストマシンや研削材の種類が変わってきます。 当社ではこれまでの経験からお客様の求められている加工条件に対して、最適なご提案をさせていただきます。
  • 小ロット加工からの対応が可能です。
  • 大量注文も可能です。
  • 短納期品への対応。